人気ブログランキング |

夢降る夜と私小説。

yumefuru.exblog.jp ブログトップ

「ローランサンの娘たち」 アクア

f0219978_1858555.jpg

『知美ちゃん。今、電話大丈夫?』
会議が終わり、一息つくためコーヒーを淹れていた。マスターからの電話だった。
「・・・はい。大丈夫です」
『今日、お店来れるかな? ・・・ジュエルから、預かっているものがあるんだけど・・・』
「え? ジュエルに会ったんですか? いつ?」
『昨日、ふらっと帰ってきまして・・・。あ、今日はまた休んでますけど・・・』
「・・・」
『必ず届けてと言われてますから』
「わかりました・・・。後ほど・・・。お邪魔します」

チームのメンバーに早退する事を伝え、アクアへと向かった。・・・マスターにどんな顔で会えばいいのだろうか? 気持ちが重い・・・。動揺しながらもあたしは店のドアを開ける。

「あ、いらっしゃい。早かったですね。どうぞ」

いつものようにカウンターに座ると、マスターはグラスにお水を用意してくれた。

「・・・何ですか? 預かってるものって? 今、ジュエルはどこに?」

「まあ。とにかく。これ・・・。君に渡して欲しいって・・・」

それは、手紙だった。あたしは、差出人を見て驚いた。その見覚えのある文字は、かつての愛しいあのひとのものだった。

「・・・え?」

「その名前を見たら、また、君が、そのひとでいっぱいになっちゃうだろうって。だから、俺から渡して欲しいと・・・」

様々な疑問が駆け巡り頭の中が混乱した。震えながら封を開けた。

****************************
短編「ローランサンの娘たち」
これまでのお話はこちらからどうぞ
第1話 プロローグ
第2話 知美 -1-
第3話 知美 -2-
第4話 知美 -3-
第5話 知美 -4-
第6話 ジュエル -1-
第7話 ジュエル -2-
by yumefuru | 2011-06-03 18:58 | 短編 ローランサンの娘たち
line

夢が届けてくれた物語。そのかけらをひろいあつめて綴ります。


by yumefuru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30