夢降る夜と私小説。

yumefuru.exblog.jp ブログトップ

トワイライトメール

f0219978_1914265.jpg


帰り道、亮はさくらの家の前で、音取りのミスタッチを修正するため、何度もいったりきたりするさくらのピアノを聴いていた。曲の輪郭はつかめないが、右手の旋律から昼間の楽譜の曲だとすぐに分かった。



携帯からメールを送信。




ピアノがとまり、少しして返事が来た。




   『何で、その曲の楽譜持ってた?』

   > 拾ってくれてありがとう。
      先生とライブに出ます。




俺がいるのが分かっていたのか、さくらは窓に背を向けて立っていた。




もう一度メールを送る。




   『練習止めて悪かったな。メシ食べろよ』
by yumefuru | 2011-02-04 19:19 | 小説 STILL BLUE
line

夢が届けてくれた物語。そのかけらをひろいあつめて綴ります。


by yumefuru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31