夢降る夜と私小説。

yumefuru.exblog.jp ブログトップ

エンドレスのiPod

「さ~く~ら~。はい、グレープフルーツ」

ヘッドホンをはずすと外の音が入ってきた。
「あ、ありがと」

奈津美が手渡す紙パックのジュースを受け取る。

「その後、ランプ付いたよぉ。自販機」

「あ、ほんと? ラッキー。はは」

「何、聞いてんの? 発表会の曲?」

「ん~。ちがう。なんだか、落ち着くの。この曲・・・」

・・・液晶には『あなたのそばで』の文字。

ちゅ~っとストローで吸う。

にがっ。


                 * * * *


一昨日の昼休み、廊下を歩くミキティと慎司先生。

「さくらさん。期末、頑張ったわね」
すれ違う時、ミキティが話しかけてきた。

「え? そうなの? さくら」

「はうっ」っと私。
確かに、確かに、いつもよりは頑張った・・・と思う。

ニヤニヤする慎司先生。
「でも、お前、筆記は全然な。ほんと先生の授業聞いてる?」

『イタイ。イタすぎる・・・』

ミキティが少し笑う。
「あら、慎司先生。でも、さくらさん頑張ったのよね」

「・・・」

「あ、さくら。美紀先生とも相談したんだけど・・・。放課後、教官室によってもらえるかい?」

「え? ・・・わかりました」



                 * * * *


そして、渡されたのが、この音源と楽譜・・・。

それで、来月、ライブ・・・って、飛躍しすぎ・・・。

でも、この曲・・・。なんだか、すごく・・・好き・・・。
by yumefuru | 2011-01-25 15:33 | 小説 STILL BLUE
line

夢が届けてくれた物語。そのかけらをひろいあつめて綴ります。


by yumefuru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31