夢降る夜と私小説。

yumefuru.exblog.jp ブログトップ

朝に・・・(1)

ガシャン!と音をたてて、トーストが2つ並んで飛び出す。

朝。そして、沈黙が続き、テーブルに並んだ朝食を前にたまらない時間が過ぎる。

トーストにバターとマーマレードをぬりながら私は言った。

「ママ、ミキティが面談よろしくって」

「ミキティ? あぁ、美紀先生ね」

「来月の最初の月曜よ」

「ちゃんと、わかってるわよ。公演は来週で終わりだから。必ず行ける。そう伝えてちょうだい」

「はぁい」
by yumefuru | 2010-04-05 12:53 | 小説 STILL BLUE
line

夢が届けてくれた物語。そのかけらをひろいあつめて綴ります。


by yumefuru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31