夢降る夜と私小説。

yumefuru.exblog.jp ブログトップ

ファースト・セッション1

くすくす

ページをめくる音。かすかな笑い声・・・。

『誰?・・・唯?まさか違うよな。だってここは、学校だ・・・』

「がっこお・・・。え?」

「あ、おこしちゃった。ごめんね。先生」

「・・・。2B磯谷・・・さくら」

「いくら、放課後だからって、うたた寝なんてイケナイんだぁ」

「・・・。」

「それより、全巻揃ってるなんて、『のだめ』先生好きなの?」

「・・・まあね」

「ふーん」

「ふーんって、さくら。教官室には、かってに入ってきちゃだめだろ・・・」

「お昼寝できなくなっちゃうから?」

「そうじゃなくてさ・・・」

「心配ないです。わたし、誰にも言いませんから」

「だから、そうじゃなくて、試験前とかだったら大変だろ。問題用紙とかここで作るんだから」

「あ、それ、ラッキーですね。あはは」

「あははって。おまえね」

                 * * * *

俺は、成瀬慎司。私立高校の音楽教師。
両親を国際的な音楽家に持つ磯谷さくらは、この高校始まって以来、初になるであろうT芸大合格候補。いわば希望の星だ。

それはそうと、ボーっとしていた頭が冴えてきた。
眠ってしまうぐらい静かな午後。何かが足りないと思った理由が分かった。
放課後のBGM。そう、さくらのピアノと牧野亮のサックスだ。

「今日は、相方は来ないのか?」

「・・・どうかな」
急にだまり込むさくら。

「先生?男って誘われたら、好きでもない人とでもデートしたりする?」

ああ、なるほど。
「・・・そういうヤツもいるだろうけど。好きじゃなきゃ、会いたいとも思わないし、デートもしない」

さくらには決定的な言葉。やばい。

「そうだよね。」うつむいたままのさくらだった。

「そうがっかりするなよ。今日は先生が一緒に合わせてやるよ」

「・・・実はそれが一番がっかりだったりして」

憎まれ口。十七歳の少女は精一杯無理して笑う。
by yumefuru | 2010-03-08 12:39 | 小説 STILL BLUE
line

夢が届けてくれた物語。そのかけらをひろいあつめて綴ります。


by yumefuru
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31